給与所得控除縮小第2弾!??

年収1000万円超の会社員、所得控除縮小を検討 政府
情報元 日本経済新聞 電子版 記事

 政府・与党は5日、年収1000万円超の会社員に対する給与所得控除を縮小する検討に入った。年収1500万円の場合、年間7万~11万円の増税となる。低所得者への負担感が大きい消費増・税を来年4月から実施するにあたり、高所得者にも応分の負担を求める。与党内で協議し、12月中旬にまとめる2014年度税制改正大綱に反映させる。

ウ~ン本当か???
クレイジーだ!
消費税増税の際、高額所得者から増税すればますます消費者心理は冷え込む・・・・

コメント

非公開コメント

トラックバック