GDP速報値

7月~9月期のGDPが年率マイナス1.6%と予想を超える値となった。
低調とは思っていたが・・・マイナスとは酷い・・・

消費増税有識者会合で若田部昌澄 早稲田大学教授は

消費増税はアベノミクスのデフレ脱却という最優先事項と矛盾している。消費増税の有効性に疑いがある。名目の成長率を上げることが財政再建の道であって消費増税はいまの時点では引き上げるべきではない。7~9月期のGDPをみると経済は非常に傷んでいる。
回復のためには消費税を5%に下げるのが最善だ。

以上日経HPより
と述べたそうだ。菊地も若田部教授とほぼ同じ意見

消費税再増税を見送っても日本経済の回復は低調なものになる可能性がある。
消費税を5%に引き下げないかぎり3%の増税分はボディーブローのように日本経済を蝕む・・・

コメント

非公開コメント

トラックバック