金融緩和全開で!

浜田宏一内閣府参与、イエール大学教授へのインタビュー記事
ロイター記事より一部抜粋

17年4月からの消費税再増税には、賛成との立場か。

どちらかといえば、そうだ私自身は、これからは間接税である消費税を重んじる代わりに、法人税を大幅に安くした方がいいという考え。法人税は国際競争があり、引き下げないとやっていけなくなる。法人税を下げることで外国から投資が入り、日本の投資が出ていかないという意味で、税収をプラスにする大きな要因になり得る。一方、租税特別措置などは役人をめぐるコネの温床のようなものであり、止めるべきだ」

──消費税再増税の影響を見極めるまで、金融緩和は止められないとの声もある。

「その(消費増税)前に金融緩和をちゃんとやっておかなければならない。本当に出口を迎えていれば、消費増税には助け舟になるはずだ。一番心配なのは、消費税を上げることで、景気が落ち込むような局面が想定される場合。その前から金融緩和をかなり全開にし、消費税を上げられるような状況に持っていく必要がある」

◆立場上消費税増税の大反対論を言うわけにもいかないのでしょう?
◆消費税増税のために金融緩和を全開にせよ!には日銀の金融緩和の効果を見ればよくわかりますが・・・・
金融緩和により一時は消費増税を乗り越えられる可能性は高いでしょう・・・・
しかし、消費税増税の影響は減税しないかぎり永遠に続く
世界的に大きな経済変動が起きた時、消費税増税は日本経済の致命傷になりなねない!
消費税は亡国の税法 この菊地の持論は変わらない!

コメント

非公開コメント

トラックバック