黒田総裁やっと認めた!

昨年4月の消費税率引き上げの影響については「駆け込み需要とその反動、税負担増による実質所得の減少が、やや予想を超えた大きさだったことは認めざるを得ない」と言明。 もっとも、反動減の影響はすでに収束しつつあるとした。

参院デフレ脱却・財政再建調査会でのコメント ロイターHPより

◆ややは余分な言葉・・・やっと黒田総裁も認めましね・・・
・・・・反動減は収束しつつあるは???・・・ですが・・・・
消費税はその仕組み上、消費者は消費税を支払っていると思い。
小売等の業者は消費税を100%転嫁できず悪戦苦闘している。
実質負担者と負担していると思っている人が違う悪魔の税法
消費税増税の影響はボディーブローのように永遠に続くのである。

コメント

非公開コメント

トラックバック