ギリシャ国民投票

ギリシャは国民投票実施へ
チプラス首相は臨時閣議を招集後、国民に向けてテレビで演説し、債権者側の提案を「欧州の価値観に反する最後通告であり、国民を侮辱しようとしているようだ」と批判。「これに応えるのは歴史的な責任だ」「国民は誇りを持って決断を下してほしい」と述べた。

YahooHPより

交渉が行き詰まるなか詳細は不明だか独メンケル首相等より今後5か月間元本の返済資金は追い貸し
するが新規の追い貸しはしない・・・・その間にどうするか考えよう・・・・という提案のようだ・・・・
チプラス首相は債権団による提案は欧州の規則だけでなく、労働や平等、尊厳に関する基本的権利を脅かしているとも述べているようだ・・・・・

ドイツ等はどんなに大きな犠牲を払ってもとことんギリシャを救済すべき・・・それがユーロの生き残る道
とことん救済している間にギリシャが自立できるようにする・・・それがユーロの生き残る道

と菊地は考える。

屈辱的な支援協議延長提案はギリシャの尊厳を著しく傷つけた。誇りは金と比べることができないくらい重い!
国民投票は7月5日通貨ユーロ失敗の日として歴史に残る日となるのであろうか?

コメント

非公開コメント

トラックバック