早くも・・・ミス

横浜市は27日、共通番号(マイナンバー)が記載された転出証明書を、申請者ではない人に誤って交付するミスがあったと発表した。
 同市鶴見区によると、26日午後、同区役所戸籍課の窓口で、市外へ転出する女性が世帯3人の転出届を提出。この女性に交付するはずの転出証明書を、転出届を出しに来た別の区民に誤って窓口で渡したという。転出証明書にはマイナンバー、住民票コード、名前、生年月日、転出先の住所などの情報が記載されていた。

 「証明書を受け取っていない」と女性から申し出があり、ミスが発覚。区職員が、誤って渡した区民に連絡して回収し、市は、情報が漏れた女性の希望を受けてマイナンバーと住民票コードを変更し、証明書を再発行する。市は「証明書の交付時に本人かどうかの確認を徹底する」としている。

読売新聞社HPより

いや~~~やはりミス・・・安保法案も重要ですが・・・マイナンバー法案は、国民生活に直結する。
イギリスでは国民総背番号制(いわゆる日本のマイナンバー)を巡り政権交代まで起きている。

コメント

非公開コメント

トラックバック