へりコプターマネー

ヘリコプターマネー論がにわかに盛り上がっているようだ・・・

あたかもヘリコプターから現金をばらまくように、中央銀行あるいは政府が、対価を取らずに大量の貨幣を市中に供給する政策。
米国の経済学者フリードマンが著書「貨幣の悪戯」で用いた寓話に由来。中央銀行による国債の引き受けや政府紙幣の発行などがこれにあたる。 デジタル大辞泉より

30兆とも・・・本当に実現できれば、日本はデフレから脱却できるであろう・・・
あるいは、この政策が残された最後の処方箋かもしれない・・・・

cpi_g5.gif

上記は一橋大学 POS-CPIデータだ、ゼロを割っている。デフレ逆戻り寸前だ・・・

財政ファイナンスと見られることを、、、、、黒田日銀総裁はどう考えるのか?
日銀総裁を交代させても、実行すべし!

コメント

非公開コメント

トラックバック