高額特定資産

「高額特定資産」とは、一の取引の単位につき、課税仕入れに係る支払対価の額(税抜き)が1,000万円以上の棚卸資産又は調整対象固定資産をいう。

この高額特定資産を取得した場合には簡易課税制度の適用制限等注意が必要であるが・・・・所有権移転外ファイナンスリースにより取得したリース料総額が1000万円以上の資産も対象となる。消費税法上当然であるが、リース料は賃貸借処理とするのが一般的である。注意が必要だ!

コメント

非公開コメント

トラックバック