相続法改正案の背景

民法(相続関係)の改正についての研修会に参加したのでメモ書き程度にまとめてみたい。

改正の背景
平成25年9月4日に最高裁判所大法廷により,民法の規定のうち嫡出でない子の相続分を嫡出子の
相続分の2分の1とする部分が違憲であると判断されたことを受け,同部分を削除する改正がされた。
これを受け、家族のあり方を、家族の繋がり、絆をどう高めるかが改正の背景にあるという。

みずから選択する余地のない出生の事実を理由をする不利益は許されないとする考え方と
法律婚の尊重のバランスの調整を図るため、配偶者保護の観点から相続法の見直しの必要が生じたという
ことである。



コメント

非公開コメント

トラックバック