増税延期へ布石?

自民党の萩生田光一幹事長代行は18日のインターネットテレビ番組で、10月の消費税増税に関し、6月の日銀の企業短期経済観測調査(短観)が示す景況感次第で延期もあり得るとの考えを示した。「景気はちょっと落ちている。6月の日銀短観で、この先は危ないと見えてきたら、崖に向かってみんなを連れて行くわけにはいかない。違う展開はある」と述べた。

消費税増税の先送りは「まだ間に合う」と指摘した上で「その場合は国民の信を問うことになる」と明言した。

共同通信社より

萩生田光一幹事長代行は安倍首相とかなり近い関係にあるとされる。
消費税増税を強行すれば安倍内閣は吹っ飛ぶ!菊地はそう思う!

コメント

非公開コメント

トラックバック