本田悦朗氏 消費増税凍結必要、実施なら日本発リーマン級危機も

[東京 16日 ロイター]
以下、前スイス大使で安倍晋三首相の経済アドバイザーとして知られる本田悦朗氏のロイターとのインタビュー記事より

2014年4月の消費税率5%から8%への引き上げは、「予想以上に長期間にわたり深刻な悪影響を与えた」とみる。

今年10月に予定通り増税すると、「実質賃金と期待インフレ率が大きく下落し、予想実質金利上昇、デフレに戻ってしまうリスクがある」と懸念。期待インフレ率の低下を招き、実質金利の高止まりから円高リスクを増大させることにもなりかねないと危機感を示した。

政府は、リーマン・ショック級の事態が起きない限り、予定通り増税するとの見解を繰り返しているが、「むしろ消費増税により日本発でリーマン・ショック級の事態が起きる可能性を懸念すべきだ」と述べた。

コメント

非公開コメント

トラックバック