新型コロナウイルス感染症による損失

20210319_175930_resized.jpg

上記は東急株式会社の決算短信、損益計算書の一部である。

新型コロナウイルス感染症による損失
新型コロナウイルス感染症拡大による政府から発令された緊急事態宣言や、自治体からの外出自粛要請等により、当社グループの一部のホテルや商業施設等において臨時休業いたしました。当該休業中に発生した固定費等(人件費、賃借料、減価償却費等)は臨時性があると判断し、特別損失に計上しております。

としている。

新型コロナウイルス感染症による損失・・・・コロナ前まで当然だが見たことが無い勘定科目である。
関与し始めの顧問先からよく、この取引は何の勘定科目ですか?と聞かれることがある。
一般的に使用する勘定科目は○○○ですが、特段決まりはないですよ!
顧客自身にとって一番わかりやす勘定科目を、継続的に使用することがよいです!とアドバイスしている。

コメント

非公開コメント

トラックバック