勘定科目について

 この取引は何の勘定科目で処理したらよいか?という質問を受けるが・・・特殊な勘定科目を除き必ずこの勘定科目を使用しなければならないという決まりはないと思っていただいて良いとお答えしている。ホームページ関連費用は資産計上すべき場合を除き、広告宣伝費勘定を使用することが多いがホームページに力を入れており更新等の支出もかなりの金額にのぼる場合ホームページ管理費用という勘定科目を作ることをすすめたりする。ようは月次の試算表を見たときこういった経費はこの勘定科目で処理させており、その合計がこの金額ということが経営者自ら判断できるような勘定科目を使用すればよいのである。

税理士法人TAXQAのHP←ここをクリックして下さい。

コメント

非公開コメント

トラックバック