税務調査立会い

 本日は終日税務調査立会い、質問検査権に関する規定は、納税義務が成立した事業年度の事項に関し質問し、帳簿書類を検査する権限が与えられているに過ぎない、コピーなどの謄写権、あるいは進行事業年度の調査権は含まれていない。課税庁側とことさら対決するものではないが、質問検査権を逸脱するような行為があれば、指摘し主張するのは税理士の使命である。使命というより当然の行為である。

税理士法人TAXQAのHP←ここをクリックして下さい。




コメント

非公開コメント

トラックバック