個別注記表

 旧商法時代は損益計算書、貸借対照表に各個別に記載されていた注記が新会社法では個別注記表として独立して作成することになっている。
注記表を作成すると見栄えと言うとお叱りを受けるかもしれないが・・・・決算書の見栄えは良くなる。本日はその作成、決算準備などで過ごす。明日、明後日と仕事が入っている本日は早めに退散

税理士法人TAXQAのHP←ここをクリックして下さい。

コメント

非公開コメント

トラックバック