日経BP社の取材

 日経BP社より取材を受ける、テーマは「法人設立による節税」確かに法人を設立すると税金が安くなることもあるが、必ずしも安くなるわけでもなくまた、税金以外に法律上は社会保険の強制加入事業所となり、個人の確定申告書と違って法人税の申告書は複雑であり、中々素人の方が作成するのは困難である点や、特殊支配同族会社の説明等々をする。法人の設立は自分が目指す事業あるいは夢を実現するためであったり、対外的に法人格を有する有利性等を目的に設立する方がはるかに前向きであり、税金を安くすることばかりを追求しているとグレーゾーンを限りなくクロに近いところまで入り込み税務的リスクも高くなってくる。「節税目的のみ」で法人を設立することは一部の資産家等を除き、税務的リスクや法人の維持コストがかさみあまりお勧めできないと言うのが実感である。

税理士法人TAXQAのHP←ここをクリックして下さい。

コメント

非公開コメント

トラックバック