低価法

 棚卸資産の評価方法に低価法を採用すべく承認申請書を作成、棚卸資産の評価に関する会計基準が平成18年7月に発表され、税法においても平成19年度改正により時価の意義の変更があり
正味売却価格から一定のコストを引いた価格とされ会計との整合性がとられている。「時価とは何か」という。なかなか困難な問題もあるがチャレンジしてゆきたい。

税理士法人TAXQAのHP→ここをクリックして下さい。

コメント

非公開コメント

トラックバック