新設法人説明会のご案内

 税務署から「新設法人説明会のご案内」と題した文章が送られてきたのですが、参加しなければならないのですか?という質問をよく受ける、まったくの任意参加である。税務署名で、出欠表同封で、この文章の「行政指導」は○○税務署長です。といかめしい文言・・・税務署が新設法人に対して説明会を開くことは大変良いことであると思う、しかし、一般納税者は税務署からの封筒で「行政指導」などという文言が挿入されているとビックリしてしまうようである。また欠席すると調査が来るのではないかと思ってしまう納税者もたまにいる。任意参加であることを明示すべきである。

※行政手続法第三十二条
1 行政指導にあっては、行政指導に携わる者は、いやしくも当該行政機関の任務又は所掌事務の範囲を逸脱してはならないこと及び行政指導の内容があくまでも相手方の任意の協力によってのみ実現されるものであることに留意しなければならない。
2  行政指導に携わる者は、その相手方が行政指導に従わなかったことを理由として、不利益な取扱いをしてはならない。

P1000082.jpg

案内文中の「行政指導」の文言

税理士法人TAXQAのHP←ここをクリックして下さい。

コメント

非公開コメント

トラックバック