無税国家論

 本日は二子玉川高島屋へ足を運んだ、屋上庭園や南館広場は子供ずれ等のかっこうの遊び場、憩いの場となっている。玉川高島屋のキャッチフレーズは、「美・食・住」コミュニティである。コミュニティを充実させることは売上の増加につながることに間違いないが、屋上庭園等は一民間企業が作った一種の公共施設である。大量の税金を投入した無駄な公共施設よりはるかに有意義であると思われる。ふと故松下幸之助氏が提唱した『無税国家論』を思い出した。減税をし、無駄をなくし、民間活力を引き出し、国家自身も経営努力により余剰金を積み、その余剰金を利用し収益を生み出し究極的には無税とする、そんな仕組みができれば素晴らしい未来が広がってくるであろう。

P1000086.jpg

玉川高島屋「屋上庭園」に咲くツワブキ?

P1000087.jpg

玉川高島屋より二子玉川再開発現場を望む。

税理士法人TAXQAのHP←ここをクリックして下さい。

コメント

非公開コメント

トラックバック