株価は神様?

 内閣府は景気の山を2007年10月と暫定的に認定した。商業販売額(卸売業)、有効求人倍率、投資財出荷指、生産財出荷指数、、所定外労働時間指数、生産指数、商業販売額(小売業)等々、の一致指数の動きや経済活動の収縮の波及度、経済活動の落込みの量と期間、GDPや国内景況判断BSIなどの景況感の動向等々種々の要素を加味して景気の山を判断しているようであるが・・・・・日経平均株価は2007年8月を山に長期の下落傾向にあった・・・株価は景気の先行指標といわれているが・・・種々の投資家が参加し価格が決定される株価とはまさに神様のようである。

税理士法人TAXQAのHP←ここをクリックして下さい。

コメント

非公開コメント

トラックバック