小規模宅地の減額特例

 本日は顧問先の紹介で相続税の申告の相談で依頼者来所、申告期限が迫っている。遺産の中に被相続人等の居住用あるいは事業用の宅地等があり一定の要件に該当する場合には小規模宅地の減額特例という相続税の大きな軽減特例がある。期限内申告用件であり、たとえこの特例を使えば税額が出ない場合でも申告書を申告期限内(相続開始後10ヶ月以内)に提出しておかなくてはならない。

税理士法人TAXQAのHP←ここをクリックして下さい。

コメント

非公開コメント

トラックバック