行善寺

顧問先へ訪問の帰り瀬田の行善寺へ立ち寄った・・・

国分寺崖線の先端に位置しているため、展望に恵まれ江戸時代将軍が遊覧の折に立ち寄ったり、文人が訪れたりしたそうです。今でも本堂の裏から富士山が望めますが・・・・高島屋等のビルも立ちかつての面影をしのぶ他はありません。。。。。

P1000247.jpg

行善寺の山門?

入り口の寺の説明文には太田子徳という人が読んだ

『玉くしけ二子のわたり明けぬやと見しや鵜舟の篝也(かがりなり)けり』 

とう句が紹介されていました。

行善寺に玉ぐしを捧げにお参りをしに行って多摩川を眺めると、二子の渡しの方が何だか明るいので良く見ると鵜飼を操る船の篝火だった・・・・

とうぐらいの意味でしょうか?????

太田子徳とは江戸末期、多摩川の自然や、農民の暮らしを和歌に詠んだ歌人だそうです。

税理士法人TAXQAのHP←ここをクリックして下さい。

コメント

非公開コメント

トラックバック