平成22年度税制改正大綱を読み解く 6

順次平成22年度税制改正大綱を読み解いてゆきたいと思います.

◆【第3章 各主要課題の改革の方向性 個人所得課税】項目より



15ページ下から9行目



【所得再分配機能の回復等の観点からの、給与所得控除の見直
しや、税率構造などの所得税改革にも取り組むこととします。】

としている。


上記の記載に目が留まった・・・・


給付付き税額控除の導入など方向性は民主党マニュフェストにほぼ
沿った形であるが・・・・


今回の税制改正大綱では給与所得控除の上限ばかりでなく
給与所得控除そのものの見直しともととれる文言が入っている。

給与所得控除の上限の見直しは記載があったが、
給与所得控除そのものの見直し、
所得税の税率構造の改革は民主党マニュフェストでは言及
していなかったと記憶している。

以上の2つは実施されれば増税となる。

特に給与所得控除そのものの見直しは
サラリーマン全体を敵に回す。

選挙で国民に信を問うべき大きな課題である。



税理士法人TAXQAのHP←ここをクリックして下さい。

コメント

非公開コメント

トラックバック