平成22年度税制改正大綱を読み解く 最終回

順次平成22年度税制改正大綱を読み解いてきました。

菊地の気になった点が中心ですので
すべてを網羅していないことをお断りしたおきたい。


ところで



日経新聞記事によると

第4章 平成22 年度税制改正の項目のみ財務省が担当

その他は古川元久内閣府副大臣が執筆したそうだ。








以下は 平成21年12月31日日経新聞記事一部抜粋であるが


財務省幹部は「意気込みはわかるが、大綱には議論して
いないことがたくさん書いてある。」と皮肉る。



と書かれている。


菊地は税制調査会の議論を逐一確認している訳ではないが・・・
新聞記事は事実であろう。
古川元久議員は税務省OBであるので執筆する能力を有して
居たのかと思うが・・・



他の議員は????



税制は複雑である。
国会議員の方がどれだけ税制を理解をしているかはなはだ疑問である。


期待を裏切らないことを祈りつつ

今後設置するとしている専門家委員会のあり方に期待している。

税理士法人TAXQAのHP←ここをクリックして下さい。

コメント

非公開コメント

トラックバック