中小企業倒産防止共済法の改正

本日21日中小企業倒産防止共済法の改正案が公布された。

倒産防止共済制度は中小企業でも多く利用されておりよい改正であろうと思う。

以前よりこのブログでもお伝えしていたように
概要は以下のとおりである。

○共済金の貸付限度額を3,200万円から8,000万円に引上げ
掛金総額上限現行320万円→ 改正800万円
掛金月額上限現行8万円→ 改正20万円

○貸付限度額の引上げに伴い償還期間上限を延長(5年→10年)

○共済事由に、私的整理の一部を追加
債務整理を代理する資格を持つ弁護士・司法書士が関与する私的整理

○早期償還手当金を創設し、将来に備えた早期返済を支援
期限前に償還した契約者に対し、前倒し期間の金利相当分を還元。

税理士法人TAXQAのHP←ここをクリックして下さい。

コメント

非公開コメント

トラックバック