まず納番制????

所属しているTCフォーラム(納税者権利憲章を作る会)からの情報誌に目を通していたところ・・・・




【菅財務大臣側から所得税、法人税等との税制改革論や「給付付き税額控除制度」との関係もあるので、

まず番号制について検討して欲しいとの申し入れがあったようで・・・・】




この文言に目がとまった・・・・





上記は「納税環境整備」全体を検討する委員会の審議経過についての記事の一部である。



「納税環境整備」全体を検討する委員会とは納税者権利憲章のほか、納税者番号制の導入や、国税不服審判所の改組などと検討する委員会である。



まず納番制!!!



ではなく、



まず納税者権利憲章の制定でしょう!!!


国民主権である。国民は税金という血を国家に納めている。
納税者の権利利益の保護なくして納番制などありえない。
納税者権利憲章を制定していない国は先進国と言われている諸国の中で日本だけである。


種々の条件はあるが、時代の流れである、菊地自身は納税者番号制の導入に頭から反対ではない。
しかし、国民、納税者、そして税の専門家である税理士から信頼を得なければ納税者番号制など導入は不可能である。



まず、納番制????
徳之島への米軍基地移設問題のように納番制導入の大反対を起こしたいのであろうか????



P1000343.jpg

送られて来たTCファーラム(納税者権利憲章を作る会)よりの情報誌


税理士法人TAXQAのHP←ここをクリックして下さい。

コメント

非公開コメント

トラックバック