欠損金の繰越控除

厳しい経済状況を反映して欠損(赤字)となる顧問先が多いが・・・・
この欠損金は青色申告者である場合7年間繰越すことができる。

つまり

翌期以降7年の間で黒字が出た場合今年の損と相殺できるというものである。


日本は7年間しかできないが

イギリス、ドイツは無制限

アメリカは20年である。


いかに日本が短いかがお判りであろう。

早急な税制改正を望む。

税理士法人TAXQAのHP←ここをクリックして下さい。

コメント

非公開コメント

トラックバック