中小企業円滑化法

金融機関に対して中小企業からの返済条件の変更要請に応じる努力義務を
課した中小企業円滑化法の期限を1年延長して平成23年3月末までとするようだ・・・

単なる延命策に過ぎないとう批判もある円滑化法であるが・・・
凍てつくような厳しい経済状況である。

それなりの技術や能力を持ち、懸命に努力をしている企業が
健全に生きていける経済状況となるまで延長すべきである。

税理士法人TAXQAのHP←ここをクリックして下さい。

コメント

非公開コメント

トラックバック