大風呂敷

関東大震災後に内務大臣兼帝都復興院総裁として東京の都市復興計画を立案した
後藤新平は『大風呂敷』と揶揄されたそうであるが・・・・・
今日東京の幹線道路網の大きな部分は後藤新平に負っているようである。



平成20年東京五輪開催と大震災の復興とを合わせて
大風呂敷を広げよ!という小さな新聞記事を見た。



超巨大なエコオリンピック開催に
数100都市にも及ぶ東日本エコ未来都市計画


どうであろうか!


景気と言うぐらいであるから『気』分『気』持は
非常に大切!


夢や計画は必然的にしぼむもの多いに大風呂敷を
広げたいものである。


菊地は熱く夢を語る経営者が大好きである。
微力ながら菊地も全力で応援している。

税理士法人TAXQAのHP←ここをクリックして下さい。

コメント

非公開コメント

トラックバック