復興増税

菅政権は25日、東日本大震災の集中復興期間(2011~15年度)の復旧・復興予算19兆円の財源の大枠を固めた。今年度1次・2次補正予算で手当てした6.1兆円を除く12.9兆円のうち、10.3兆円を臨時増税でまかなう


以上朝日HPより


中小企業は狂乱デフレに大震災の追い討ちで瀕死の重傷状態である。
この時期の増税は増税、増税と言うだけでマスマス景気、気分は下降線をたどる。
中小企業に死ねと言うことか!

1000年、1万年に一度の大震災である。
5年とか10年という短い期間で考えるのではなく
なぜ超長期で考えることができないのであろうか?

まず、具体的なかつて関東大震災後に後藤新平が
策定した帝都復興計画のような壮大な復興計画の策定である。

景気が回復すれば自然と税収も増える。

上記のような内容のメールを与党民主党へ入れた。

税理士法人TAXQAのHP←ここをクリックして下さい。

コメント

非公開コメント

トラックバック