Never Give In

古い話題で申し訳ないが・・・・
私が知るのが遅かったので・・
結構話題になっていますね・・・


消費税増税に対して異常な決意を
ネバーネバーネバーネバーギブアップ
と語った方がおられるますが・・・・


この言葉


ナチスドイツ対して決して屈しないとして
英元首相チャーチルが国民に語りかけた
言葉を引用したとされているが・・・・


チャーチル元首相は
never give in(ネバーギブイン)と語っているのである。




そもそもナチスドイツ戦の有名なチャーチル元首相の
演説を消費税増税演説に使うのがナンセンスだが・・・
というよりチャーチルに対して失礼極まりない!


never give in(ネバーギブイン)には、


「相手に屈服しない」という強い意味があるようで・・・・


ネバーギブアップ( never give up)は、


「自があきらめない」という意味だそうです。

「決して、決して、決して、決してあきらめない」
と国民に語りかけたというより、自分自身は経済がどうなろうが
何があろうが・・・絶対に消費税増税をあきらめないぞ!
という自らの意思を語ったということで・・・・
正しい使い方をしていると言えばいれますかね・・・・

税理士法人TAXQAのHP←ここをクイックして下さい。


コメント

非公開コメント

トラックバック