嵐の中で雨戸を壊す

6月26日 消費税増税法案が衆議院を通過しましたが・・・・

『嵐の中で雨戸を開けた』とは関東大震災、それに続く
金融恐慌後に金解禁を断行し日本経済を未曾有の不況
に追い込んだことを酷評して使う言葉ですが・・・

今回の消費増税は雨戸を開けるというより、雨戸を閉め
経費節減、コスト削減でじっと不況の嵐が過ぎるのをまっている
事業者に対して『雨戸を壊す』とう表現がピタリとくる
のではないだろうか?

最終的には『嵐の中で雨戸を壊した』かどうかは
歴史が評価する問題であろう・・・しかし・・・・

平成26年4月8%にアップする前に
デフレから完全に脱却していることを祈るのみである。

税理士法人TAXQAのHP←ここをクリックして下さい。

コメント

非公開コメント

トラックバック