米FRB議長

本日未明バーナンキ米FRB議長会見があった・・・

株価は下落し、円は大幅安・・・・まだ、まだ市場は混乱している。

ただ、菊地はバーナンキ議長は当然のことを言ったまで・・と思っている。

以下講演全体のほんの要旨・・・・・・・

FOMCが最も可能性が高いと見ている経済的なシナリオは、財政政策やその他の向かい風に起因する短期的な阻害要因が後退し、向こう数四半期にわたり緩やかな成長が加速、こうした動きに支援され労働市場が継続的に改善するというものだ。

また、インフレ率は時間の経過と共に、われわれの目標である2%に向け回帰していくと見ている。

今後発表される経済指標がこの見通しとおおむね一致すれば、毎月の資産買い入れ規模を年内に縮小させることが適切であると、FOMCは現時点で予想している。


税理士法人TAXQAのHP←ここをクリックして下さい。

コメント

非公開コメント

トラックバック