足踏み

 内閣府は街角景気(景気ウオッチャー調査)の基調判断を前月までの「持ち直している」から「このところ持ち直しのテンポが緩やかになっている」と、8カ月ぶりに下方修正した。好不況の分かれ目となる「50」は上回っており、内閣府は「改善のスピードは鈍ったものの、持ち直しの動き自体は維持している」とみている。

以上日経新聞より

130709_081210.jpg

足踏み・・・菊地の感覚も正にそのように感じている・・・
デフレ脱却、新たな成長ステージ入りは並大抵のことでなない!
困難を極めるであろうが・・・達成しなければならない日本の宿命である!

税理士法人TAXQAのHP←ここをクリックして下さい。

コメント

非公開コメント

トラックバック