希望の国エクソダス

『この国には何でもある。だた希望だけがない。』デフレ元年の1998年
に始まった連載『希望の国のエクソダス』で、作家の村上龍氏はこう書いた。

以上日経新聞の物価考での一文

さすがに超人気作家・・・鋭すぎる一文でドキッと・・・・

菊地は恥ずかしながら・・・『希望の国のエクソダス』なる本は読んだことがない・・・
エクソダスとはどういうネーミングは何だろうと勝手に想像してみるに???
旧約聖書にある出エジプト記で大量の国外脱出 からとった
ネーミングではないか???と思ったりする???

終戦直後
『この国には何にもない。でも希望だけはある。』

デフレ元年
『この国には何でもある。だた希望だけがない。』

現在は
『この国には何かが足りない。でも希望これだけは失ってはならない。』


そう思う次第である。

税理士法人TAXQAのHP←ここをクリックして下さい。

コメント

非公開コメント

トラックバック